So-net無料ブログ作成
検索選択

弘中惇一郎 年収 美川憲一 [芸能]

スポンサーリンク




歌手・美川憲一さんの独立で経済的損失を受けたとして、前所属事務所「エービープロモーション」が
美川さんと現在の所属事務所「ミカワオフィス」を訴えた件で、
美川さん側の弁護を「勝訴請負人」で知られる弘中惇一郎弁護士が代表を務める「法律事務所ヒロナカ」が担当することとなったそうです!
今朝のニュース番組でも取り上げられていましたね。

弘中弁護士といえば、数々の裁判で実績がありますが、最近でいうと郵便不正事件での村木厚子厚生労働省事務次官、「陸山会」の事件で小沢一郎氏を無罪に導いた最強弁護士です。

今回も「きちんと争う」とチームを組み、徹底抗戦の構えだとのこと・・・
まあ徹底抗戦は当たり前ですが[がく~(落胆した顔)]

美川さんは事務所を辞める際に持ち出した衣装(約4400万円相当)や楽曲譜面(約800万円相当)の使用禁止など、総額約2億円超の損害賠償請求をされています。
東京地裁ではすでに第1回口頭弁論が行われたのですが、美川さん側は出廷しなかったようです。
「美川憲一」の芸名が使用できなくなるのでは・・・との報道もあったそうですが、
裁判終了後「エービープロモーション」側の弁護士は「芸名の使用禁止は求めていません」と言っているそうです。

裁判では衣装や楽曲譜面が著作物となり、しかもその著作権が「エービープロモーション」に帰属するかが争点となりそうですね。
「エービープロモーション」側の弁護士は、
「今後、証拠を提出していきますが、衣装や譜面の製作費は事務所が出している。著作権はこちらに帰属する。」と話しているそうです・・・

それにしても総額2億円以上!
宝くじのような表現になってしまいましたが、さすが芸能界の大御所・美川憲一さんですね。
どうなるのかわかりませんが、一つ気になる情報が。

前事務所の社長と美川さんは25年にもなる付き合いだそうです。
そんな長きに渡ってお付き合いをされていたんですから、円満解決したらいいのになーと思います[ふらふら]
しかしちまたで「最強弁護士」とうたわれる弘中弁護士がつくのでしたら何としても勝訴したいでしょうし、それが結局、金の話になるんだろーなー・・・って思ってしまいます。
(それ以外に無いんでしょうが・・・)
年収がいくらかとかではなくて、プライドと今後の仕事の評判にもつながるんでしょうね。

どうなることやら・・・[いい気分(温泉)]




さそり座の女もいいですが、こちらも名曲ですね。



本日もお読みいただき、ありがとうございました♪


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。