So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

葛西紀明 ソチ ラージヒル [スポーツ]

ソチオリンピックのノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒルで葛西紀明選手が銀メダルを獲得しましたね!
羽生選手に続きこれまた素晴らしい!!!

おめでとうございます〜〜[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

メダル授与式を終えて、さっそくブログを更新されており、

「銀メダルもらって来たーーー!!!(^ν^)」

とメダルの写真を公開して、喜びを報告されていました。


表彰台では派手なガッツポーズを披露していましたが、実は「ちょこっと緊張した」という葛西選手・・・!笑
メダルの拡大写真などを投稿し、

このメダルなかなか重いぞ!20年前にもらった団体戦のメダルより重い!今まで出場して来たオリンピック6回分の重みがあるな!!」
と、7度目のレジェンドらしいセリフで個人のメダルの感想を述べていました。
初めて手にしたらそりゃそうなりますよね〜〜〜!

17日には伊東大貴選手らとともに団体戦に出場することが決まっている葛西選手。
大会で金メダルを手にする最後のチャンスとなるだけに、
「明日はもう少し重くて輝いてるメダルを皆で取りに行こうと思います!!!」
と気合いを入れていました!

しかし葛西選手、僕が思っているよりずっとアツい選手でした!
ガッツポーズきまっていましたね[グッド(上向き矢印)]

そういえばロシアのメディアでは、葛西選手のことを、
「日本スキージャンプの絶頂期や低迷期、そして復活を体験し、既にレジェンドになっているのではないか」と紹介しているそうです。

ちなみに、「ストッホが金メダルを獲得したにもかかわらず、注目を集めたのは葛西だった」とも報じています笑

それくらい海外メディアにもインパクトがすごかったんでしょう!
17日にも期待です♪


本日もお読みいただき、ありがとうございました♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

羽生結弦 ソチ 史上最高 [スポーツ]

ソチ五輪に出場中のフィギュアスケート選手、羽生結弦さんが、史上最高の101・45点を出して文句無しの金メダルを受賞されましたね!!!!

まずは、おめでとうございます!!!!!!

演技冒頭の4回転ジャンプを決めるなど、素晴らしい演技でした。
団体戦に続き、個人戦でも羽生選手が素晴らしかったですね。
4回転ジャンプを成功すると波に乗り、華麗なスピンを披露。
後半は、トリプルアクセルとトリプルルッツ-トリプルトーループのコンビネーションもきっちり決め、ロシアのファンの心をも射止めていました。

インタビューでは、「やれる事はやった。日本人としてこの結果を誇らしく思う」と演技を振り返り、
「明日は明日で、いい演技をしたい」とフリーへの意気込みを語っておられました!
また次も期待できますね!

ただやはり金メダルのあとという事でよけいな力が入りはしないかが気になるところですね。
周りのプレッシャーをあまり気にする事なく、のびのびと演技してほしいものです[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

何の競技でもそうだと思うのですが、やはり緊張などで身体に変な力が入ってしまう事で、ミスというより、特に演技力が大事なフィギュアスケートなどでは自然さを出す事が困難になると思うので。
演技力に点数がつくというのは、いかに自然体でいられるかがポイントだと思っております。


ちなみに韓国メディアは14日、羽生選手がキム・ヨナ選手の元コーチブライアン・オーサー氏から指導を受けていることなどを紹介し、「日本フィギュア界の“新星”が突風を巻き起こした」などと伝えているそうです。

よく考えたら、オーサー氏教え子?から二人も金メダリストが出ているってことですよね!
それはまたすごい。
コーチの株も上がりまくりですか!??[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]



本日もお読みいただき、ありがとうございました♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

荻原次晴 ソチ 号泣 渡部暁斗 須黒アナ [スポーツ]

ノルディック複合の元五輪選手で、テレビ東京のソチ五輪メインキャスターを務める荻原次晴さんが、「おめでとう!」と、日本の活躍に男泣きしたシーンが話題になっていますね!
アツい!アツすぎます!
スキー界の松岡修造との異名も出ているみたいですね。

メダルを獲得したのは渡部暁斗選手で結果は銀。
日本がノルディック複合でメダルを獲得したのは1994年リレハンメル大会以来で、20年ぶりだそうです。

荻原さんは2008年の長野オリンピック出場後に引退、現在はスポーツキャスターを務めておられます。
ソチのスタジオで銀メダルの瞬間を見守ると、「暁斗!おめでとう!」と歓喜の雄叫び(!)。
キャスターの立場というより、ノルディック複合の関係者として「日本の皆さん、応援ありがとうございました」と声援に感謝されておられました。

顔は興奮して赤くなり、「この20年間、ノルディック複合は皆さんの期待を受けながら、メダルを取れなかったんです」と話し始めると・・・
涙で声を詰まらせて、「本当に…苦しかったんです、ノルディック複合は…」と話すのが精一杯だったようです。

ご自分の?ハンカチを取り出すと、あふれる涙を拭き、机に両手をついて、震える身体を支えると、後は言葉が続かず、となりの須黒アナにフォローされていました。
感激に浸るように少しの間沈黙した荻原さんは「ありがとうございました。暁斗、ほんとにやったな」と嗚咽を漏らしながらつぶやいていました。

その後のオンエア中でも、荻原さんの目は真っ赤。
「いや、本当にありがとうございました。日本の複合は90年代、オリンピックでメダルを獲得して、その後、“日本のお家芸”と皆さんに言っていただいた割には、なかなか世界で結果が残せなくて、本当に苦しいシーズンが続きました」と、苦しいときを乗り越えて獲得したメダルに、男泣きしていました。

 荻原さんは、その後の番組中に、「ぼくの携帯に『だれかみたいに熱すぎる』『目が充血している』『ネクタイが曲がっている』とかどんどんメールが入るんですが、クールでいられるはずがありません!」など、松岡修造ばりにアツすぎる事を十分に自覚していました。

 この日は双子の兄で、「キング・オブ・スキー」と呼ばれた北野建設スキー部部長の荻原健司さんが解説を務めましたが、健司さんも前半のジャンプで、渡部のジャンプに「よーし!よーし!いいぞー!」と絶叫しており、熱すぎる解説が話題になっていたそうです!

さすが双子ですね!アツいところもよく似ている笑
けど、ウンタースポーツでアツいっていうこのギャップがまた良いのでしょうね。
テレビでみんな見てるのに、大の大人が号泣するなんて事はなかなかできないですから。

これで好感度もアップした!?[わーい(嬉しい顔)]

ソチ五輪はまだまだ続きます!
この後も、選手はもちろんですが、荻原さんのキャスターっぷりにも期待しましょうね!




アツいです!!!!!


本日もお読みいただき、ありがとうございました♪

亀田 ジム 問題&追放 [スポーツ]

ボクシングの亀田ジムで大問題が発生して、実質的に国外追放のような扱いになってしまったようです!!

亀田ジムといえば、亀田三兄弟それぞれが実力を持ち活躍しているものの、昔からの悪評のせいで、
常にバッシングを受けているイメージがあります。
はっきり言ってしまうと僕もあまり好きではないのですが、今回の件に関しては個人の好き嫌いではなくて(当たり前ですが)、JBCからの通告ということなので逃れられないでしょうね。

亀田ジムは都合の悪い時に当人たちの口から説明や弁明がないようですし[ふらふら]

さすればJBCの判断で弁明拒否とみなされて確実に追放処分でしょう。
理事長も亀田ジム追放処分を言明しているようですし・・・。
むしろ理事長がここまで追放処分に言及しておいてなあなあ処分で済ませては、JBCの姿勢が疑われてその信用が地に堕ちます。
委員会などの管理団体は、そういうところは徹底してやってほしいですね。
でないと後の判例?を作ってしまう事になりかねないです[がく~(落胆した顔)]

まーよくよく見てみると、JBCが亀田ジムのやっていた事を知らなかった(通知していなかった)事が気に入らなかったようですから、管理不行き届きに近いようにも見受けられますけど・・・笑
いずれにせよ、今回のことだけで追放ということではなく今迄の積み重ねだと思います。
いつも試合があると何かしら問題を起こしていたようですものね・・・

やはり日頃からの行いというのは、最後の最後で効いてくるってことですね!
まじめに生きましょう笑


本日もお読みいただき、ありがとうございました♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。